1. ホーム
  2. >
  3. 秋時期の活動

秋時期の活動

ボーイスカウトでは新年度の始まり!

上進式・入隊式

上進式とは、上進のためのセレモニーです。ボーイスカウトの新年度に当たる9月に行っています。
儀式やセレモニーの方法は各団によって違いますが、小学2 年生がビーバー隊からカブ隊へ、小学5 年生がカブ隊からボーイ隊へ、中学3 年生がボーイ隊からベンチャー隊へ、高校3 年生がベンチャー隊からローバー隊へ上進します。
夏季キャンプがスカウト達の集大成であり、隊ごとの目標をクリアし、そして次の隊での目標を目指すために9 月、スカウト達はステップアップしていきます。

カントリー大作戦<スカウトの日>(地域社旗への奉仕活動)

「スカウトの日」は、敬老の日に沿った活動の他、環境保全・美化活動に特に力を入れ、全国のボーイスカウトが各地域で多彩な活動を展開しています。
中でも、自分たちの暮らす町での清掃活動は、環境問題に気付き自らが考えて行動できるよう、環境意識を育てることを目標とした活動です。

異世代・異文化交流(地域社会との交流活動)

スカウト達にとって、経験を積んでいくのには、指導者や貴重な珍しい体験、大変な経験だけではなく、地域の方や外国の方からの『今では経験できないお話し』や『戦時体験話』は、とても貴重なものだと考えます。
異世代・異文化交流はたくさんの方のお話しをお聞きしたり、昔遊びを教えていただいたりする貴重な活動だと考えます。

ハイキング(野外活動)

スカウト達の活動で大切なのは、野外での体験です。野外では自分たちの想像を超える出来事や変化が起き、それらに対応する技能や知識を身についていくことで、自分の自信につながり自主性、自立性を養ってくれると考えています。
特に野山では自然の変化が見た目にも触感的にも感じ取れます。スカウト達の感性豊かな年代は、大人以上に色々なものを感じ取り見つけてくれます。
秋の野山でのハイキングでは、自然の美しさや不思議さ、楽しさや美味しさ、興味や遊びをたくさん経験することができる、とてもスカウトらしい活動の一つです。

街中ハイキング(野外活動

野外といっても、自然の中だけではありません。自分たちの町を、仲間が暮らす町を歩いて探検することもスカウト達にとっては、重要なことだと考えます。
例えば、自分たちの住む町の危険箇所を調べて歩くハザードマップづくり。公園や広場を調べて歩き、災害時の避難場所の確認と大切さを考えてもらう活動。自分たちが利用する道路や通路での安全や危険を考え、交通ルールを考える活動。普段では気付かない、町の風景や景色をじっくりと見つめてもらうことで自分たちの住む町への愛着心を高めるなど、人に教えられたり習うのではなく、スカウト達が自分で体験し感じ、自分で考える…こころとあたまを育てることができると思います。

スカウト祭・西水環境フェア・地域イベント(野外活動・地域社会への奉仕活動)

地域のお祭りに参加したり、自分たちで楽しいお祭りを開催したりするのも大切な活動の一つです。
垂水地区では積極的に地域のお祭りやイベントにも参加しています。地域の方とのふれあいを大切にし、時には、仲間達と力をあわせたり、競い合ったりと日頃の成果を発揮する活動のひとつです。

稲刈り&おにぎりづくり(季節行事体験)

夏前に田植えをした稲を刈り取り、自分たちでその味を味わいます。何気なく食べているお米が、こんなにも作るのが大変で、こんなにも美味しいものだったなんて…と気づいてくれれば嬉しいですね。稲刈りをした後のお米を炊いて、自分たち自身で自分の食べる分のおにぎりを作って、お腹いっぱいに食べてくれます。「おいしぃ~!」その言葉が、たくさん聞ける貴重で楽しい体験です。

地域社会の奉仕となる防犯キャンペーン、地域防災訓練などにも参加したりします。普段、町を守ってくれている地域の方や消防団の中に入って、その大切さを感じます。
スカウト活動は、決して自分たちの技量や知識を広げるためだけではありません。地域の方のために、仲間のために何ができるのか、どんなことなら役に立てるのか、どんなことが大切なのかを考えてくれる時間を持てることも大切な活動だと考えます。

工作・むかし遊び
活動内容は、地域や団、季節や指導者によって異なります。詳しくはお近くの活動団までお問い合わせください。近くの活動団がご不明な場合は、まずはボーイスカウト神戸垂水地区にお問い合わせください。最寄の活動団をご紹介させていただきます。
体験・入隊を希望する方、資料請求はこちらから