1. ホーム
  2. >
  3. ビーバースカウト隊

ビーバースカウト隊 小学校就学前の1 月から参加いただけます

みんなと仲良く遊び、自然に親しみ、楽しみや喜びを分かち合う時間を大切にします。

6~7 歳の子供たちの特性を十分に踏まえ社会性の礎を築きます

育ちざかり、わんぱくざかりの子供たちのあつまりです。仲間たちとのびのび遊び、生き生きと学ぶ。
斉唱しい体験を通して、いま一番大切なものをしっかり育んでいます。
活動は、一人ひとりの子供たちが、楽しく、安全に活動できることを第一に考えています。
そのために、活動のプログラムは、長年の豊富な経験に基づいた確かな教育方針のもとで綿密に研究され、検討されてつくられています。

  • 仲間とともに遊ぶことで基本的な生活技能を
    身につけます。

    6・7歳ごろは、自己中心性から抜けでる準備期間です。自己中心性を解消しながら、客観的な世界へ適応する準備を整える重要な時期であるといえます。集団生活の中で積極性(やる気)、協調性(思いやり)を養う活動を通じて、仲間とのつきあい方、社会生活の過ごし方に対して、自然に正しい態度が身につくようになります。

  • 自然にふれ、
    たくましく生きていく
    心構えを育てます。

    海や山・川や森などの自然やそこに棲む野生動物などの美しさ、あるいはもろさを目の当たりにしたり、話を聞いたり、また実際の経験を通して、より多くのことを知ることができます。自分が体験して感じ、自身で考えるからこそ、物を大切にする優しい心、たくましく生きていく心構えが育つのです。

  • 自分に対する自信と
    仲間に対する思いやりの心を
    育成します。

    子供たち一人ひとりが色々と工夫したり、がんばったりして何かを成し遂げた場合「やれば自分もできるのだ」ということが分かってきます。さらに自分に対する自信は、人間同士や自然に向かって積極的に関わりを持っていく気持ちを高めます。それが仲間意識を持つもととなり、仲間を思いやる心を育成します。

合同隊集会や近隣団との活動など、たくさんの仲間とふれあい活動できます

学校やご家族、少人数では体験できない経験が出来るのも、ボーイスカウトの魅力です。
大勢の仲間や、保護者から離れ、お兄さんお姉さんたちとの活動、違う学校の新しい仲間で活動することが、
競争心を養い、積極性を生み、仲間との絆を深め、活発で自立心あるスカウトが育まれます。
神戸垂水地区では、大勢のスカウトで活動できるように工夫を凝らした活動をしています。ご興味のある方は一度、お問い合わせください。

<乾のり作り体験>マリンピア さかなの学校で「乾のりつくり」に挑戦しました!

この日は、マリンピアにあるさかなの学校で「乾のりつくり」に挑戦です!

とても風が強くて寒い日でしたが、みんなで元気よく頑張りました!

垂水区中のビーバースカウトが約30人集まりました。

さぁ、はじめは何からしよう?

まずは、「須磨のり」ができるまでのお勉強です。日本でも有名なブランドのりである「須磨のり」はとってもおいしいんだって~。でも、できるまでにはとっても手間の掛かる大変なことだってことをみんなで勉強しました。勉強のあとは、早速体験です!

道具の使い方を、さかなの学校の先生に教えてもらって、ちゃ~んとできるかなぁ~?
まだかたまっていない、どろどろの"のり"を、器に入れていきます。
溢さないように、そ~~~~っと、そ~~~~っと入れていきます。

次は、木の枠に流し込みます。

たいらになるように、ゆっくりゆっくり…溢さないように、ゆっくりゆっくり…
木枠にのりをたいらに入れたら、均一になるように水の中へさぁ~っとつけます。
しっかりと水を切ればできあがり…

ではなくて、水を切るための機械で、力いっぱいのりを"ぺっちゃんこ"にします。

おもいっきり力を入れて、水をしっかり切れたらようやっと完成です。

できたのりは、おひさまに当てて乾燥させれば、「須磨のり」のできあがりです!!

<稲作体験>お米がめっちゃおいしいと思うのは、お米つくりがとっても大変だと知るからです

ビーバースカウトではたくさんの仲間とともに、食べ物の大切さを知る取り組みをしています。

田植え、稲刈り、そして自分たちでおにぎりをつくって食べる…、という年間を通じたプログラムを考えています。

5~6月頃にはどろんこになりながら自分たちで苗を植え、暑い夏にもかかしをつくったり、草ひきをしたり…、秋には小さな手に鎌を持って自分たちで一生懸命に稲を刈ったりと、普段では経験できないような貴重な体験を通して、スカウトたちに食べ物の大切さ、お米つくりの大変さを知ってもらうための活動です。

私たちは、こういった幼い頃の体験が、子どもたちの育つ課程にたくさん必要であると考えています。

ビーバースカウト隊のスカウトラリー

綱引きや障害物競走や色々な競技に挑戦!嬉しくて大笑いするスカウト、うまくいかず悔しくて号泣するスカウト…多くの仲間と一緒に泣いたり笑ったりできる、一体感あふれる時間です。違う地域や学校区のスカウトたち…さっきまでモジモジしていてもひとつのチームになれば、日頃の元気良さを発揮して、新しい仲間たちとともにみんなで一生懸命に取り組みます。あっという間に仲間ができて、みんなで活動するのもボーイスカウト活動ならではかもしれません。

活動内容は、地域や団、季節や指導者によって異なります。詳しくはお近くの活動団までお問い合わせください。近くの活動団がご不明な場合は、まずはボーイスカウト神戸垂水地区にお問い合わせください。最寄の活動団をご紹介させていただきます。
体験・入隊を希望する方、資料請求はこちらから